ヨガの種類

クリパルヨガとは?効果や特徴、代表的なポーズ、向いている人など紹介

The following two tabs change content below.
Mizuho

Mizuho

2008年ハワイ移住 アシュタンガヨガとの出会いをきっかけにヨガをライフスタイルとして取り入れ11年。 マッサージライセンス取得を通してカラダと心の繋がりを更に重視して指導していくようになる。 現在ヨガアライアンストレーニング講師、通訳、プライベートやグループクラスの指導をバイリンガルで展開。

こんにちはヨガインストラクターのMIZUHOです。

今から私がハマりそうな予感たっぷりの、クリパルヨガ。
ご存知ですか?

私のヨガ歴はアシュタンガヨガから始まりました。
ご存知の方も多いこのヨガはいわゆるフィジカル、アーサナがメインのように一般的には思われていますいが、ラジャヨガ(呼吸、瞑想、アーサナなど全てを網羅するヨガのスタイル)と言ってもいいくらいで、アシュタンガはアーサナだけではない深いヨガです。
アシュタンギ(アシュタンガを主に練習する人のことをこう呼びます!)を自称して止まない私が、これからどっぷりハマりそうなのが、今回ご紹介するクリパルヨガ。

クリパルヨガとはどんなヨガでしょう?

クリパルヨガとは?

クリパルヨガはハタヨガの1種とされていますが、アーサナだけでなく呼吸法、瞑想に非常に重みをおいているヨガです。
こう聞くとアシュタンガと共通点がありそうですが、決まったシークエンスを練習するアシュタンガに対して、クリパルヨガはフリースタイル、とも言えるかもしれません。

まずは基礎としてアーサナを学ぶのはもちろん、クリパルヨガではいかに自分の体と心と向き合い、自分が何を欲しているのか、自分の内側を見つめながら深く探究していくヨガで、練習を深めれば深めるほど瞑想の重みも多くなり、自分の心のままに動く、アーサナをとる、というように変わっていきます。

クリパルヨガを練習していくことにより自分の抱えていたトラウマと向き合い、心身ともに解き放たれていきます。
人生を変革するヨガ、とも言われています。

こう聞くと、クリパルヨガは上級者向け?難しい?と思われるかもしれませんが、そうではありません!
全くのヨガ初心者でもゆっくり学んでいけるように、こんな仕組みになっています。

クリパルヨガの3つのステージ

クリパルヨガは体の使い方から自分の内側への向き合い方までをレベルに合わせて練習できるように、3つの段階に分かれています。

ステージ1

基礎のステージです。
体に対する意識を高め、また心にも注意を向けていく方法を学びます。
呼吸と動きをつなげるというヨガの基本、足下からアーサナを確率するという基礎を練習します。
解剖学、生理学などの知識を学び、自分の体というものを掘り下げて自分なりの限界というのも練習により感じていきます。
アーサナや呼吸による効果を徐々に感じていくことができます。

どちらかというとフィジカルな練習、効果が多いステージです。

ステージ2

体から精神、心を意識していくステージです。
プラナを覚醒させることを学び、精神や心の動きに意識をさらに向けていきます。
呼吸法を掘り下げ自分の心身にあるエッジ(限界)を探究することにより可能性を広げます。
アーサナにおいてはポーズ保持を長くしたり深めることが可能になります。
5感をコントロールできるように学びます。

フィジカルな練習からより内側、心の方へ働きかけていくステージです。

ステージ3

自分の体、心を超えて源と繋がりを感じていくステージです。
指導されて動く、という練習から、このステージでは自分の心と体が道枯れるままに動く、という練習になっていきます。
プラナを常に意識するようになり意識を集中させることが可能になります。

瞑想をする練習、から瞑想状態に入るという練習に変わっていきます。

自分の体の存在、心のあり方を学び、より大きな源と繋がっていくステージです。
このレベルのクラスはリードされる、というよりはそれぞれが自分の内側と向き合いながら自由に動くという時間が増えていきます。

瞑想が日常的に取り入れられるようになります。

クリパルヨガの効果とは?

どのヨガでもそうですが、ヨガを練習することにより気づかされるのが心と体がいかに繋がっていて影響され合うか、ということです。

クリパルヨガはこのことを強く実感させてくれます。
心と体、自分のエネルギー、そしてそのエネルギーがいかに周りのエネルギーと関わっているかを、クリパルヨガを通して学ぶことができます。

アーサナの練習でまず体の気づきがあり、深めていくと呼吸、そして心との繋がり。
いかに心、感情の状態が私たちの体に影響を及ぼすかということに気づきます。

体をリラックスさせ心拍数や血圧などが安定するだけでなく、この練習を続けることにより感情、精神状態の安定がもたらされます。

さらに大きな効果としては自分自身の成長、というものが挙げられます。
自分と向き合うのは、実は怖いものでもあるのです。

ヨガの練習を深めていくと抱えている問題、長年のトラウマなど、目を背けてきた事柄が浮き彫りになることも少なくありません。

これは実は体でもいえることで、クリパルヨガに限らずヨガを練習することで昔痛めた怪我による痛みなどが起こるケースがあります。

私たちが抱えるストレスというのはトラウマとして体の組織に蓄積していくからです。
ヨガを通して本来の自分と向きあうー抱えてきた問題が表面化するーそれに対応していくー本当の意味でのヒーリングが行われる、これがクリパルヨガの最大の効果といえるでしょう。

クリパルヨガに向き不向きはあるか?

さて、こんなに素晴らしいヨガと聞いたらきっと試してみたくなるに違いありません。
このヨガは難しいのでしょうか? このヨガに向いている人、向いていない人、というのはあるのでしょうか?

ヨガは万人のもの!
ヨガに向き、不向きは本来ありません。
ただスタイルにより、好みはあるでしょう。
また年齢や時期により好むヨガは変わっていきます。

クリパルヨガはエクササイズ目的ではなく自分と向き合う準備ができている方におすすめ!
痩せるために、肩こり解消のために、というようにヨガを始める理由はなんでも良いのです。
ジムでウエイトをあげる代わりにヨガをする、もアリです。

ただそこからさらに深く入りたい、ヨガとは何?呼吸でなぜこんな効果が出るの?瞑想って誰にでもできるの?と言ったような状態になったら、ぜひクリパルヨガをおすすめしたいです。

もちろんステージ1ではフィジカルな練習がメインなので初級者の方でもどなたでも楽しんでいただけますが、クリパルヨガの特別な効果はその先を探究して頂いてわかると言っても良いかもしれません。

難易度は?

クリパルヨガはアーサナのレベル的に難易度の高いものが出てくるか、というとそういうわけではありません。
伝統的なアーサナがメインで、ヨガ初心者の方でもゆっくり学んでいただけます。

呼吸法や瞑想が増えていくと難しいと感じる方もいるかもしれませんが、段階を追って学んでいくので各自のレベルにあった練習が可能です。

クリパルヨガを試してみたい!

ではどこでクリパルヨガができるのでしょう?
ハワイでしたらぜひ私と!と言いたいのですが(笑)。
日本でもクリパルヨガを教えているスタジオは増えているはずです。
ただ、指導者育成に関しては、アメリカであればマサチューセツにあるクリパルセンター、日本であればクリパルジャパンというところがメインです。

クリパルセンター
https://kripalu.org/?&gclid=Cj0KCQiA4NTxBRDxARIsAHyp6gB29zL2yCO6a0Hjdz5V8n7Z5_limvJnaPiU07qgPv4RypiGOnjkOBoaArBoEALw_wcB

指導者育成のコース以外にワークショップや健康全面をテーマにしたリトリートなど多々開催しています。

クリパルジャパン

クリパル・ジャパン – 東京 下北沢のクリパルヨガ & ヨガセラピースタジオ

現在日本で正式な指導者認定をしているのはここだけのようです。
クラスは他のスタジオでも開催しています。

まとめ

最近は新しいヨガスタイルが次々と出てきていますが、私は伝統的なヨガがやっぱりすき、古風なタイプですね(笑)。
クリパルヨガは伝統のヨガでありながらそれぞれの個性を生かし、自然な形で瞑想も学べるので現代人にもおすすめのヨガです!

ABOUT ME
Mizuho
Mizuho
2008年ハワイ移住 アシュタンガヨガとの出会いをきっかけにヨガをライフスタイルとして取り入れ11年。 マッサージライセンス取得を通してカラダと心の繋がりを更に重視して指導していくようになる。 現在ヨガアライアンストレーニング講師、通訳、プライベートやグループクラスの指導をバイリンガルで展開。
関連記事
247workoutで結果が出る3つの理由
247Workoutで結果が出る3つの理由