ヨガの基礎知識

ヨガインストラクターになる方法!資格や取得方法はあるの?

The following two tabs change content below.
Mizuho

Mizuho

2008年ハワイ移住 アシュタンガヨガとの出会いをきっかけにヨガをライフスタイルとして取り入れ11年。 マッサージライセンス取得を通してカラダと心の繋がりを更に重視して指導していくようになる。 現在ヨガアライアンストレーニング講師、通訳、プライベートやグループクラスの指導をバイリンガルで展開。

こんにちはヨガインストラクターのMIZUHOです。

と、自己紹介しておりますが、実は私自分のことを“ヨガインストラクター”というのが苦手です(笑)。

インストラクター、という響きが。
いやいやそんな、おこがましい!とか思ってしまって。

ヨガをシェアする、皆さんにヨガという素晴らしいものを知っていただくお手伝いをしている、と日々思っています。
そして常にヨガ練習生です。
そう、ヨガは一生学ぶもので、インストラクター=プラクティショナー(練習生)でもあるのです。

今日は、おこがましい、とは思いつつ自分をインストラクターと書かせていただいているので、さあではどうすればインストラクターになれるのか?というお話です。

ヨガインストラクターになるには資格がいる?!

これは、実は。

資格はなくてもヨガインストラクターにはなれる!のです。

例えば医者はもちろん医師免許が必要ですね。

私はマッサージセラピストでもありますが、ハワイ州では資格が必要です。
ヨガインストラクターは、実はとても曖昧なのです。

ヨガインストラクターの資格とは?

では資格が存在しないのか?というとそうではありません。

資格は存在します!

アメリカでは?
だいぶ安定してきてご存知の方も多いでしょう、アメリカでまず一般的にヨガの資格、というとこちら。

ヨガアライアンス200/500時間トレーニング
(RYT200/RYT500)

この資格がないと教えられないのか?というと、そうではないのですね。医師免許がなければ診察はできませんが、ヨガはこの資格がなくても別に教えても良い、といえば良いのです。

ただアメリカでは今はこの資格を目安としているスタジオが多く、スタジオでインストラクターとして働くにはないとおそらく難しいでしょう。

日本では?

日本ではまだこういった統一された資格、という物が実はありません。

かつてアメリカがそうだったのですが、それぞれのスタジオで独自のコース“養成コース”と呼ばれるものを行っていて、そのコースを受講することによりそのスタジオでのインストラクターへの道が開かれる、といったような感じ。

そこで!

日本でもこのヨガアライアンスの資格が注目されているため、今では日本のスタジオやヨガスクールでもこちらの資格が取れるトレーニングが開催されています。

また、ハワイやバリ、オーストラリアなど比較的手頃な価格で資格が取れるためバケーションを兼ねてとりに行く方も増えています。

ではこのヨガアライアンス、どういう仕組みになっているのか、どのくらいの期間で取れるのでしょうか?

全米ヨガアライアンス協会

ヨガアライアンス協会のホームページはこちら↓
https://www.yogaalliance.org/

昔、私がこの資格を初めてとった頃はこんな素敵なホームページがなくて(笑)、登録も今では全てオンラインですが、かつては郵送手続きだったのですよー!
便利な世の中になりましたね。

さて、ヨガアライアンス協会ができる前は、アメリカも日本のようにそれぞれのスタジオ任せでした。
そして何が起こったかというと。

自称ヨガインストラクターの氾濫

3日間のヨガインストラクター養成コースを受講して、はい、私ヨガインストラクターです!という方たちがいっぱい。
蓋を開ければポーズは取れるけど解剖学や生徒を指導するという知識が全くない自称インストラクターが溢れてしまったというわけです。

長い歴史のある大切なヨガをきちんと伝えて行こう、ということでできたのがこちらの全米ヨガアライアンス協会。
まずは最低200時間で最低限のカリキュラムを学んでからヨガを教えることができる、と作られました。
現在資格は下記のように分かれています。

200 RYT  ヨガインストラクターとして生徒を教える資格
200 ERYT 200時間ヨガインストラクター育成ができる資格
500 RYT 200+300追加した上級インストラクター
500 ERYT 300時間ヨガインストラクター育成ができる資格
*こちらのインストラクター育成ができる資格の定義が2021年より変更になります。

実際にトレーニングを受講する必要があるのが200R Y Tと500R Y T
です。
E R Y TとはR Y T登録後実際に指導した時間数と年月によりアップグレードできるシステムになっています。

ちなみに私は今500R Y Tで、E R Y Tにアップグレードすべく指導時間を稼いでいるところです笑。

というのも、上に注意書きとして書いてありますが2021年よりインストラクター育成の資格の定義が変更になるのです。
現在は200E R Y Tがあれば良いのですが、2021年からはメイン講師としてR Y Tのコースを指導する場合500E R Y Tが必要になります。

私は数人のインストラクターと共同でこちらのヨガアライアンスのコースを指導していますので、できれば今年中にアップグレードしたいと思っています。

では実際にこのコースをどこで受けることができるのでしょう?

✳️全米ヨガアライアンスティーチャートレーニングが受けられるスクール

https://www.yogaalliance.org/Directory?Type=School
ここ、アライアンスのホームページから検索することができます。

日本でもかなり増えてきていますね。

さてこのトレーニングには2種類やり方があります。

・短期集中型
・日常生活に支障の少ない長期型

私の指導しているコースは①の短期集中型で、日本から生徒さんたちがきて4週間滞在して学ぶ形になっています。
日本国内で行われているコースは②の方が多いかと思います。
それぞれ利点、難点があるのでご自分にあったコースを選びましょう。

利点
短期で資格が取れる、集中して学ぶことができる、ハワイやバリなどバケーション気分が味わえる
通勤通学など日常生活を行いながら学べる、長期で少しずつ学ぶので理解が深めやすい、渡航費や滞在費など余分な出費が少ない

難点
集中して学ぶため忘れることも多い、コース費用に加えて渡航費や滞在費などかかる、環境の違う場所で学ぶことから体調を崩すことがある
資格を取るのに時間がかかる、日常生活を行いながらだと集中しにくい

✳️ハワイでヨガアライアンスの資格が取れるスクールはこちら!

Y M C Hawaii (私はこちらで講師をしています!)
https://ymcschool.jp/lp/hawaii01/

Yogaloha
https://www.yogaloha.jp

Ohana space
https://eastman-w.com/hawaiistudy/culture/ohana-space-hawaii-yoga/

こちらのコースは滞在型ですが、合宿型ではありません。
毎日コースを受けていただいて夕方解散となります。
合宿型というのは参加者全員が寝泊まりを共にします。
合宿型の場合は4週間より短いものもあります。
色々なコースができているのでご自分の要望やレベルにあったコースを探してみましょう!

コースを選ぶ際の注意点

私が指導しているコースが一番です!ってお勧めしたいですが(笑)。
実際選ぶときには下記を参考にしてください。

・日程
・場所
・費用
・スケジュール
(短期集中型のコースには200時間に満たないものも実はあります!しっかりスケジュールをチェックして納得いく内容なのか確認しましょう。)
・内容
(メインのヨガスタイルは?自分が求めていることが学べるのか?)
・講師陣
(講師により同じ200時間のコースでも全く変わってきます。)
・アフターケア

私がコースを選んだ時は、シンプルですが自分が既に通っていたヨガスタジオでコースを開催するのを知って、でした。
講師も顔見知りでしたので安心。

私の場合はハワイ在住で短期集中型のコースを受けたので、日常生活を行いながら短期集中コースを受けたというちょっと珍しいケース。

上記チェックリストは全てクリアでしたが、やはり日常生活との兼ね合いは結構キツかったですね。
他の生徒さんたちが宿題に集中できる中、私は急いで帰宅して夕飯の支度とかしていたので(笑)。

資格取得後は誰でもヨガインストラクター?!

そうです!と言い切りたいところですが。

さあ、200時間のトレーニングを終了しました。
ヨガアライアンスの登録も済ませました。
私は晴れてヨガインストラクターです!

ということで、翌日からスタジオで指導ができるのでしょうか?

これがなかなか難しいのが実情です。

日本ではまだアライアンスの資格があったしてもそのスタジオの養成コースを受けてから、というところも多いし、何しろインストラクターが飽和の時代なので資格があるだけではデビューができない、という現実も。

インストラクターとして教え始めるのには、どうすればいいでしょう?

・スタジオのオーディションを受ける
・自分で教え始める

当然といえば当然、オーディションに受かればインストラクターデビューです。
必要であればそこのスタジオの養成コースを受けなければなりません。
そういった機会がすぐに訪れない場合が、②です。

どんどん自分で教えていきましょう!
お友達、ご家族から始めれば良いのです。
スタジオがなくてもヨガはどこでも教えられます。

ハワイの場合ビーチや公園でできるので助かるのですが、日本の寒いところでしたらご自宅や公民館などをやすく借りて、というのが一般的です。

私は友達に声をかけて公園で教え始めました。

資格を取ってすぐだとまだ自信がない方も多いかもしれませんが、すぐに教えるのがとても大切です。
鉄は熱いうちにうて、ですよね、忘れないうちに教えていきましょう!

まとめ

最初にも書きましたが、さあ資格を取った、インストラクターになった!とこれが終わりではありません。
良いインストラクターでいるためには自分が常に練習生あるということを忘れない。

逆に、教えることによりさらに学びも深まり、自分の練習になるのです。

インストラクターが溢れる時代ではありますが、ヨガを広めるために良いインストラクターが増えていくことを願い、私もまだまだ日々練習です。

ABOUT ME
Mizuho
Mizuho
2008年ハワイ移住 アシュタンガヨガとの出会いをきっかけにヨガをライフスタイルとして取り入れ11年。 マッサージライセンス取得を通してカラダと心の繋がりを更に重視して指導していくようになる。 現在ヨガアライアンストレーニング講師、通訳、プライベートやグループクラスの指導をバイリンガルで展開。
関連記事
247workoutで結果が出る3つの理由
247Workoutで結果が出る3つの理由